×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Top > 宮代町 > スポット > 女体宮

女体宮
平安時代、京都の三条家の姫君が、当地の鈴木家の若者に嫁ぐため旅をしていたところ、途中で暴漢に襲われ,これを苦にした姫君は、嫁ぎ先である鈴木家に着くと、近くにあった池に身を投じた。この姫を弔うために祀ったと伝えられる。

●住 所
宮代町中央3丁目


より大きな地図で 女体宮 を表示

Snapshot
2008年